不動産物件の相場は買主の立場になって

なんらかの理由で所有する不動産物件を売却することになった時、売主としては少しでも高く売りたいと考えるのは当然のことです。不動産会社に査定してもらった額に納得できず、もっと高く売れるはずだと感じる人もいることでしょう。しかし自身の愛着ある不動産物件を、客観的にいくらで売れるか判断するのはとても難しいことです。不動産会社の査定を鵜呑みにする必要はありませんが、相場から外れた額で売り出しても結局は売れません。客観的にどれくらいの相場なのかを見極めることが重要です。 売りたい不動産物件がマンションの場合、一番簡単なのは、同じマンションで売りに出されている物件の価格を参考にすることです。同じマンションでも間取りや階数が違えば相場も変わりますが、それでも買い手の立場になって考えてみると、大体分かってくるはずです。1部屋違うだけで1000万円も違うならどちらを選ぶか、同じ値段なら南向きのほうが良いのではないか、というように考えてみましょう。 結局は売却することになったとしても、購入した時は慎重に考えて、他の物件と比較して、充分に考えて決めたはずです。その時の気持ちを思い出せば、買い手の立場で考えることができるでしょう。
 愛着のある我が家なので、売るときまで綺麗に使いたいですね。あまりにも手入れが行き届いて居ないと、内覧のイメージにより相場よりも安く買われてしまったり、売った後も乱雑に扱われてしまうかもしれません。大事に使われていた家だと、きちんとした買い手も見つかり、購入後の手入れも行き届き、大事に使ってくれることでしょう。

江東区・墨田区の不動産は大江戸不動産へお声かけください。
3005

Copyright ©All rights reserved.不動産物件の相場は買主の立場になって.